News・Information

「地震(じしん) その時(とき)10のポイント」(日本語Japanese・英語English)(東京消防庁ホームページより)

東京消防庁(とうきょうしょうぼうちょう)のホームページでは、外国人住民(がいこくじんじゅうみん)のみなさんにとって役立(やくだ)つ防災情報(ぼうさいじょうほう)を見(み)ることができます。地震(じしん)が発生(はっせい)した場合(ばあい)の対応(たいおう)について、コンパクトに説明(せつめい)しています。東京消防庁(とうきょうしょうぼうしょう)のホームページからダウンロードできますので、ご活用(かつよう)ください。

地震その時10のポイント(日本語/Japanese) http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/bou_topic/jisin/point10.pdf

地震その時10のポイント(英語/English)http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/bou_topic/jisin/jisin_10point-eng.pdf

■地震(じしん) その時(とき)10のポイント■(出典:東京消防庁ホームページ)
≪地震(じしん)時(とき)の行動(こうどう)≫
〇地震(じしん)だ! まず身(み)の安全(あんぜん)
・揺(ゆ)れを感(かん)じたり、緊急地震速報(きんきゅうじしんそくほう)を受(う)けた時(とき)は、身(み)の安全(あんぜん)を最優先(さいゆうせん)に行動(こうどう)する。
・丈夫(じょうぶ)なテーブルの下(した)や、物(もの)が「落(お)ちてこない」「倒(たお)れてこない」「移動(いどう)してこない」空間(くうかん)に身(み)を寄(よ)せ、揺(ゆ)れがおさまるまで様子(ようす)を見(み)る。
 
≪地震直後(じしんちょくご)の行動(こうどう)≫
〇落(お)ちついて 火(ひ)の元(もと)確認(かくにん) 初期消火(しょきしょうか)
・火(ひ)を使(つか)っている時(とき)は、揺(ゆ)れがおさまってから、あわてずに火(ひ)の始末(しまつ)をする。
・出火(しゅっか)した時(とき)は、落(お)ちついて消火(しょうか)する。
〇あわてた行動(こうどう) けがのもと
・屋内(おくない)で転倒(てんとう)・落下(らっか)した家具類(かぐるい)やガラスの破片(はへん)などに注意(ちゅうい)する。
・瓦(かわら)、窓(まど)ガラス、看板(かんばん)などが落(お)ちてくるので外(そと)に飛(と)び出(だ)さない。
〇窓(まど)や戸(と)を開(あ)け出口(でぐち)を確保(かくほ)
・揺(ゆ)れがおさまった時(とき)に、避難(ひなん)ができるよう出口(でぐち)を確保(かくほ)する。
〇門(もん)や塀(へい)には近寄(ちかよ)らない。
・屋外(おくがい)で揺(ゆ)れを感(かん)じたら、ブロック塀(へい)などには近寄(ちかよ)らない。
 
  ≪地震後(じしんご)の行動(こうどう)≫
〇火災(かさい)や津波(つなみ) 確(たし)かな避難(ひなん)
・地域(ちいき)に大規模(だいきぼ)な火災(かさい)の危険(きけん)がせまり、身(み)の危険(きけん)を感(かん)じたら、一時集合場所(いっときしゅうごうばしょ)や避難場所(ひなんばしょ)に避難(ひなん)する。
・沿岸部では、大きな揺れを感じたり、津波警報が出されたら、高台などの安全な場所に素早く避難する。
〇正(ただ)しい情報(じょうほう) 確(たし)かな行動(こうどう)
・ラジオやテレビ、消防署(しょうぼうしょ)、行政(ぎょうせい)などから正(ただ)しい情報(じょうほう)を得(え)る。
〇確(たしか)かめ合(あ)おう わが家(や)の安全(あんぜん) 隣(となり)の安否(あんぴ)
・わが家(や)の安全(あんぜん)を確認後(かくにんご)、近隣(きんりん)の安否(あんぴ)を確認(かくにん)する。
〇協力(きょうりょく)し合(あ)って 救出(きゅうしゅつ)・救護(きゅうご)
・倒壊家屋(とうかいかおく)や転倒家具(てんとうかぐ)などの下敷(したじ)きになった人(ひと)を近隣(きんりん)で協力(きょうりょく)し、救出(きゅうしゅつ)・救護(きゅうご)する。
〇避難(ひなん)の前(まえ)に 安全確認(あんぜんかくにん)電気(でんき)・ガス
・ 避難(ひなん)が必要(ひつよう)な時(とき)には、ブレーカーを切(き)り、ガスの元栓(もとせん)を締(し)めて避難(ひなん)する。
 

お問い合わせ先
公益財団法人武蔵野市国際交流協会(MIA)
〒180-0022東京都武蔵野市境2-14-1スイング9F
TEL 0422-36-4511 FAX 0422-36-4513
E-mail: mia@coral.ocn.ne.jp
開館日:火曜日~土曜日 9:00-17:00(日・月・祝日休み)